確定年金不安解消どっとこむ

退職後の生活を考えよう

知っておくべきこと

老後への貯蓄・資金運用に活用できる、確定年金について説明しています。 年金には大きく分けて「確定年金」と「終身年金」があります。確定年金とは名前の通り一定期間に年金を受け取るもので、5年確定年金、10年確定年金などがあります。終身年金とは一生涯年金を受け取り続ける商品です。

もちろん、終身年金のほうが長期間の受け取りとなる可能性が高い分、保険料は高くなります。また、確定年金の中でも受け取り期間の長い10年確定年金のほうが5年確定年金より保険料は高くなります。いずれも、当人が死亡した場合は支払いが終了しますので、期間が分からない終身保険より、確実に貰いきれるように期間を決めた確定年金という選択肢もあるのです。

国民の加入義務である、国民年金、厚生年金、共済年金(共済組合の年金)は「公的年金」と呼ばれ、ここで挙げる確定年金は「私的年金」と呼ばれています。私的と呼ばれる理由は、加入するかしないかは個人や企業などの私的な選択であるからです。法的に公的年金制度のもとに年金の拠出・資金の運営の損益や受給額への税制優遇措置を伴うものから、法的優遇や制約を受けないものまで私的年金と呼ばれるものの範囲は広いです。

そもそも確定年金が登場したのには理由があり、少子高齢化の流れから、給付型(国民年金・厚生年金などの公的年金のことで、何歳まで生きてももらえる反面、早くに亡くなった場合には年金を受け取れないという年金のこと)が十分ではなくなってきていることを補うものとして導入されました。

会社を60歳で退職した人が、公的年金を受け取る65歳までの5年間の資金に当てるために新たに作られたのが5年確定年金でした。10年確定年金も一般的で、それぞれのニーズに合わせて選ぶとよいでしょう。そして、支払いの期間が決まっているということで、同じ積立金額であったと仮定すれば、払い戻される年額が多くなるのが定額年金のよいところです。

ここでは、皆様にしっかりと検討していただけるように、確定年金の良いところから考えるべきところまでを挙げていますので、検討の材料にご覧ください。